孫いちコラム

節句人形や時節の祭礼に関するコラムを掲載しています

カテゴリー: 天神様・正月飾り・一般掛軸

孫いち掛軸殿のお知らせ「六字名号は御家の必需品」です。

  • 2017年12月9日

福井県はその昔から「仏教の信仰」が厚く、その県民性は全国でも評判です。
「床の間、仏間、日本座敷」を大切にし、来客、ご先祖を大切にすること有名な地域です。
ご法事の「南無阿弥陀仏」軸は、一家の必需品です。
事あるごとに、親戚、近所、友人等にお借りしたので、と言うお客様が近年多いのです。
春お彼岸、お盆、秋お彼岸時期以外でも、年間宗派ごとに揃えてありますのでご相談下さい。

【六字名号軸の選び方】=孫いち掛軸殿のお知らせ。
1、書はお好きな字を選びましょう。
2、代々永く使用します。表具生地は落ち着いた柄を選びましょう。
3、表具の良し・悪し・は裏張りの「和紙」の品質が大切です。孫いち掛軸殿は世界遺産「美濃和紙」を
  使用しています。反り、剥がれに安心です。
4、永く、孫の代まで使用します。桐箱収納をお勧めします。(掛け軸は湿気が大敵です・福井は湿気ご多い)
5、掛け軸購入した場合、上蓋(ふた)の裏に、購入年月日、購入者名記入をお勧めします。(孫いち=サービス)
6、価格は5万~10万~各種。有名寺院住職の六字名号は別価格です。
7、法事など使用後、お天気の良い日に陰干をお勧めです。

平成30年度新作天神様展開催中

  • 2017年10月24日

img_3600

お待たせしました。

新作天神様が揃いました!

お孫さんの、学業成就の願いを込めて・・
連日、おじいちゃん、おばあちゃんが天神様を選びにご来店下さってます。
お正月に、菅原道真公のお軸を祀るという、福井県と富山県だけの不思議な風習ですが・・
学業トップを誇る福井県!!
学問の神様、道真公にあやかりつつ、守っていきたい風習ですね。

お盆「掛軸祭」開催してます。

  • 2017年8月5日

8月4日~8月13日まで、孫いち「掛軸殿」にて開催しています。

AM:10:00~18:00まで。

「美術展」見学のつもりで、お立ち寄りください。

お盆の各宗派「六字名号」の仏事軸(善光寺・清水寺など)を中心に、祝軸、山水、四季とりどりの軸を「北陸最大級」100幅以上、展示しています。

お買い上げの商品の桐箱裏に名書きをさせていただきます。

価格は定価の30%~60%OFF。

15,000円~各種。

※ アパート・マンション用、玄関絵額・子供部屋インテリア絵額も多数展示。4,000円~20,000円まで

ご来店お待ちしております。(^^)

 

 

 

 

人形の修理・供養は喜ばれています。

  • 2016年11月10日

● 雛人形、5月人形の顔、道具、収納箱の傷・破損修理します。ご相談下さい。

● 木彫天神様の塗装の修理します。(新品同様になります)

● お雛様、五月人形等の部品販売します。~(ご相談ください)

● 雛7段飾りをお持ちの方、3段飾りに組み替えします。~(ご相談下さい)

(残りの人形・道具は人形供養します)スチール壇は「危険物」で処分下さい。

 

福井県のお嫁さんは県外の方が増えているのでは?

  • 2016年11月6日

福井県は「幸福度日本一」のせいか?、県外の大学で恋愛のせいか?近年県外の

おじいちゃん、おばあちゃんの来客が目立ちます。

「天神様」の風習を尋ねられます。時季外れに節句商品を買い求めます。

孫いちの店舗では今すでに「天神さま・お雛様・武者人形」を早々と揃え、県外の

お客様が「孫の顔を見に来て」の時に、節句商品の予約をお伺いしています。

商品はお預かりし、節句時期にお届けいたします。

赤ちゃんのお守り「無患子」(むくろじ)をご存知ですか?

「無患子」と言うのは、落葉樹で高さに15mに成長する木の種です。その昔から

「子が患うことが無い」と書き、縁起の良い種として、子供のお守りに大切にされてきました。それを羽子板の羽として病気の根源の「蚊」を追いかけて、羽子板の

羽として永く生きています。人形の孫いちではお買い上げ戴きましたお客様に

お子様が健康で患う事の無きようお祈りして「無患子」を差し上げています。

日本住宅の美・掛軸殿

  • 2016年2月24日

日本住宅の美は「床の間・座敷・仏間」と言われています。

新聞も、テレビも無い昔の人は、特に床の間、仏間を大切にしていました。

お正月から1月25日の天神講(天神様)、季節には「春」~紅白梅に鶯、「夏」~清流に鮎「秋」紅葉、秋山水、「冬」ゆき南天。などなど・・・。

年中掛~山水画・鯉の瀧昇り・鷲・カワセミ・瓢箪・竹に雀・金龍・牡丹・赤富士

山水画・四季花・祝軸(高砂)・鶴亀

法事軸~南無阿弥陀仏

鯉の瀧昇り~鯉は瀧をのぼり龍になる(中国の伝説)と、男児の端午の節句の祝軸 鷲・かわせみ~狙った獲物は逃がさない。

瓢箪6ケの画~無病息災。

竹に雀~竹は根で家を支え、雀は群れをつくり、友を呼ぶ、害虫を退治する。

「喜雀画」とも言う。

金龍~5本の指で黄金玉をつかむ「金運の画」

牡丹の画~一番大切な人を迎える「富喜花」

赤富士~富士の朝焼け「祝軸」目出度い時に飾る。

南天の画~難を転ずる

虎の画~八方を睨み、お家の安泰を祈る。

※ 床の間はその昔より、幸せは床の間から風、と言い「空床」を嫌うと言われています。掛け軸の画、で自分を叱咤し、日本座敷を引き締めたのでしょう。