孫いちコラム

節句人形や時節の祭礼に関するコラムを掲載しています

殿様(親王)の拝み足をご存知?

  • 2016年2月19日

その昔、貴族や大名の世継ぎ男児が誕生しても、病のため幼くして亡くなることが多かったため、お雛様に願いを託し「すくすくと成人する」ことを願い、殿さまも「足」で幼い子供の成長を足でも祈ったと言われています。それを「拝み足」(おがみあし)と言われています。

 

 

お雛様をお部屋のどこに飾るのでしょう?

  • 2016年2月4日

おじいちゃん、おばあちゃんは「初節句」をとても楽しみにしています。

お雛様を飾る場所を決めて、人形専門店で品定めをすることが大切だと思います。

和室に飾るのか?、洋室に飾るのか?飾る場所が決まったら良い方法があります。

置く場所に、お雛様の置くサイズを新聞紙で平面を造ります。そして部屋を歩いて

みます。新聞紙を踏まずに歩けたら、お雛様は適正サイズです。

お雛さまは、これから20年、30年と飾ります。将来の住まいも考えて購入し

たいものです。お子様が「すくすくと育つことが願いです」好きな顔・衣装を

お選び下さい。

 

 

 

雛まつりとは?

  • 2016年2月2日

赤ちやんが生まれて、初めて迎える節句を初節句といいます。

3月3日雛まつりがこの日にあたり、正式には上巳節句といいます。旧暦ではちょうど桃の花の咲くころでもあり、お節句を祝うのにふさわしいことから、桃の節句という美しい名で親しまれています。